11月 16

一人なら一人で

私の勤めている会社のお昼休憩は全員が同じ時間というわけではなく、出勤時間や退勤時間がシフトなのでその内容に準じて決められていきます。なので毎日同じ人とお昼ご飯を食べることができるわけではない上に、場合によっては仲のいい人と誰ともかぶらないということもあり得るのです。
そこで、最近私はある時間の使い方を身に着けました。それが、タブレットPCです。会社の近くには喫茶店があるのですがそこに一人で入ってタブレットPCで副業の記事の執筆をするのです。

最近スターバックスなどでパソコンを開いている方々の光景を目にすることも多くなりましたが、私は自分がそれをするともなると少し恥ずかしいなと思っていたのです。ですが、こうした家に帰ることもできない一時を過ごすうえでは非常にありなのかなと最近では思っています。

家で作業する分だとベッドやキッチンなどの誘惑も非常に多いため、結局集中して作業するには非常に弱いところがあるのですが、カフェや喫茶店であればそれしかすることがないので結果集中して作業することができるのです。友人に言うと「それって休憩になってる?」と言われるのですが、私にとってはとても快適で悠々自適な時間なのです。

11月 10

クルマがありません

余白勉学の所為でしょうか。父兄に何も与えられなかったからかもしれません。自宅が向かいに並んで立っているエリアを間借りしています。20年齢程、古くさい所より新しい自宅は、店賃が、3万円ほど高いです。
そこには、30代のアベックが住んでいらっしゃる。30一家ほどだ。
ただし、こういう30代の余白ジェネレーション。不気味だ。なぜなら、身の回り呂律がしないのです。児童のやかましいなき声は困りますが、児童を叱ったりするような主張が随分ありません。一層、不思議なのは、児童が小さい時には、家族で出掛けたりするものですが、主として動きがないのです。
恐ろしいほど、ただ、内部にいらっしゃる。これでは環境は良くなりません。未成年に張るしかないです。

11月 02

保護者の役割と子供の忘れ物

今朝は、小学生の息子がいるため旗振りの当番に行く日でした。

子供たちの登校するたった15分程度、立つべき場所に立ち安全に登校するように横断歩道を渡らせるというお仕事です。

それは慣れましたが、問題はその短い間のために、我が子が登校するのを見送れない事です。

息子より少し先に出るので、いつもは何も関与しない夫に託します。

すると、忘れ物が多くなります。

私がいれば、登校班の集合場所に降りるときに水筒持ったか手提げ必要か、名札はつけたかティッシュハンカチ入れたか、トイレは済ませたかなとチェックします。

でも、夫はそこまで見てませんから、なるべくわたしが出る前に通学帽子も被らせたりティッシュハンカチを入れさせトイレにも座らせました。

そして、旗振りが終わり家に戻ったのです。

すると、仕事に出た夫からちゃんと息子は出かけたよ、とLINEが来ていました。

しかし、テーブルの角に置きっぱなしの息子の名札があったのです。

私は今朝も名札付けなと伝えたけれど、出かけるときに見てなかったのでつけたかどうか確認できてませんでした。

まだまだ、母親の細かいチェックなしには忘れ物ゼロの日は難しいのだなと感じました。

他の子の安全な登校を見守りに行ってる間に自分の子の支度が疎かになるというのも、アホらしいです。

10月 23

ブロッコリー

先日野菜不良が気になるところですが、どうにも野菜を取れないものです。しかし、先日ブロッコリーがやけにお気に入りになってしまいました。今まではある程度贔屓ぐらいだったのですが、忽ちブロッコリーが美味しく推し量れ毎日のように食べてます。
とある人の話によると、身体が不足しているものを食べたくなったりすることがありお気に入りに患うということもあるということです。でも、ブロッコリーって煮るの難しいですよね。茹ですぎると甚だ危ない賜物感じられることがあります。それも栄養素が抜けてしまって身体が要する賜物と違うという対応なのでしょうか。やはり、野菜が好きになることはいいことだと思っているので、これからも食べていきたいと思います。

10月 16

交通違反者と取り締まり警察官のボケとツッコミに笑い

友達を待って自宅の玄関前に立っていると、閑静な住宅街にパトカーのサイレンが鳴り響きました。

いったい何事かと思ったら、我が家の前に茶色のマーチとパトカーが停車しました。

パトカーから降りて来た警察官が、マーチの運転席の窓をノックしました。

マーチの運転手は苦々しい顔で窓を開け、「何か」と警察官の顔を見上げました。

警察官はすかさず「あなた今運転しながら携帯電話をかけていましたね。」と鋭い口調で言いました。

すると運転手は「かけてませんけど。」とさらっと言いました。

警察官の「そんなはずありません。」の声に、後からパトカーを降りて来たもう一人の警察官も、運転手の顔を睨み付けました。

運転手は平然と「かけてません。」と言い切りました。

この運転手はかけてないと言い張って逃げ切るつもりかと、私は内心ドキドキしてきました。

警察官と運転手とのボケ・ツッコミはここからです。

警察官はさらに強い口調で「あなたは確かに携帯電話をかけていました。」

運転手は表情をかえず「私は絶対にかけてません。」

警察官「あなたが携帯電話をかけているのを見ました。」

運転手「かけてませんよ。かかってきたから出ただけですよ。」

警察官「出たらだめでしょ!」

運転手「かかってきたからつい…」

警察官「ついでもダメ!」

この二人の間合いが実に絶妙で、思わず笑ってしまいました。後から降りて来た警察官も、下を向いて笑いをこらえているようでした。

結局警察官は違反切符をきり、運転者にお説教をして去って行きました。

10月 12

太る為に毎日体重管理をしています。

私は太りづらい体質のようです。
職場でも間食もしているし、お昼もおじさんたちと一緒に大盛りを食べているのに、体重が軽く、太ることが出来ません。
太る為にプロテインを飲んでいたこともありますが、牛乳が体に合わなかったようで、今は飲むのをやめています。
お腹いっぱい食べた後でも、前日よりも体重が減っていたら、何か食べて前日よりも体重が減らないように管理し、少しずつでも体重が増えるようにしています。

それでもなかなか増えないので、グラフにして目に見えるように管理するようにしました。
カロリーも毎日計算した方が良いのかもしれませんが、間食したおやつに関してはカロリーが書いてあるので管理できるのですが、その他の食べ物や自分で作ったものはカロリーの計算の仕方が分からず、管理できないので続けられそうもないと思い、カロリー計算は諦めました。
でも体重を増やすことは諦めずに、毎日体重管理を行い、太りづらい時期があることも分かり、太りづらい時期は無理せずに気長に考えるようにしながら続けると3キロ太ることが出来ました。
目標は10キロ太ることなので、このペースで体調を考えながら徐々に増えるように頑張って行きたいです。

10月 08

野球選手のリストラに私は思います。

野球選手も労働者です。ではこの労働契約というのを突き詰めて考えると、契約社員だと私は思います。結構年俸がすごいのでここら辺をあまり考えないのかもしれないけれど、何年契約とか米国の契約を見ると契約社員って事だと思います。かっこたる成績が残せないと解雇される訳で、この時期に野球選手は毎年ひやしやする訳ですね。つまり労働者という事です。

野球選手を考えると、現在の日本で正規か非正規かという議論になっているのですが、労働者はよりよい条件で従事する為に、つまり労働力とは労働者が保有しているので資本家は搾取の為に、労働者を正規雇用という形で将来の収入を約束する事で、労働者を確保する仕組みが正規雇用のはずであります。つまり正規雇用の要求とは本来資本家の望みであった事は明白です。年金もどうなんですが、年金の目的は老後を豊かにするのが目的で、老後の生活設計を保障するものでは本来無かった筈なんですが、実際現実は日本人の認識は後者という事になってます。正規非正規もそうであって、本来資本家の望みであった仕組みが現在はいつの間にか労働者の望みだった事になり、そうした認識が定着してしまったのが昨今ではないだろうか。時間経過と社会情勢で認識が入れ替わる事がまま起こりうるって事ですね。

10月 01

初心者におススメ「デッドプール」アメコミ5選!

「スパイダーマン・ホームカミング」「ワンダーウーマン」等、洋画ヒーロー人気が止まりません。それらの原点であるアメコミもまた、多くのファンを楽しませています。

今回スポットを当てたいのは、2016年の映画が大ヒットとなり、現在続編を製作中の「デッドプール」。書店ではアメコミコーナーが定着した店舗も多いですね。

ですが何せ歴史が長いので本の数も膨大。一体どれから読めばいいの!? と迷う方もいらっしゃるかもしれません。そこで今回は完全なる独断で「初心者向けデップーちゃんコミックBEST5」をお伝えします。

まずは『デッド・ヘッド・リデンプション』。多彩な執筆陣が描く短編集です。カッコイイ展開もあり、破天荒な暴れっぷりもあり、デッドプールの内面に切り込んだダークな内容もあり。様々なデップーの詰め合わせです。

続いて『デッド・プレジデント』。デッドプールが主役の新シリーズ第1巻となります。これは初っ端からブッ飛ばしてますよ。荒みつつあるアメリカを再建してもらおうと、ヘナチョコ魔術師が歴代大統領を蘇生してみたら凶暴なゾンビとなって暴れ出してさあ大変! そこで特殊部隊からの依頼でデップーがゴーストバスターとして出動。アメリカを股にかけた大活躍が始まります!

続いて『スーサイド・キングス』。スパイダーマン、デアデビル、パニッシャーといった有名ヒーローとの豪華共演で、ハードボイルドな物語が展開します。おいしい仕事の募集を見てとあるビルを訪れるデッドプール。しかしそこに待ち受けていた凶悪な殺し屋の群れ! をたやすくバイオレンスに始末した彼の前に、依頼主と名乗る謎の青年が現れます。

お次は『モンキー・ビジネス』。スパイダーマンとの共演を存分に楽しめます。ある夜、ニューヨークで謎の猟奇殺人事件が発生。スパイダーマンはデッドプールが犯人と睨むも、真犯人は別にいました。しかもそいつは人間ではなく、猿!? かわいいメイド服姿のデップーが表紙の目印。

最後は『ケーブル&デッドプール:青の洗礼』。映画のエンドロールでデップーが登場を予告した人気キャラ、ケーブルとの初共演コミックです。デップーの元に舞い込んだ新たな仕事から世界を揺るがす事件が起きていくわけですが、その中でケーブルとの出会いとドラマが描かれます。上記の4冊いずれかを読んだ後なら更に楽しめるでしょう。

以上の5冊はデップーワールドのまだまだ序の口。アメコミを読みながら映画続編を楽しみに…と締めたい所ですが、最後に一つ。

続編の撮影中にスタントマンの女性が亡くなり、主演のライアン・レイノルズをはじめ多くの人々が哀悼の意を寄せています。その命がけの仕事に報いるためにも、何としても無事に上映して頂きたい! 応援の意味も込めて、アメコミを多くの方に楽しんで頂ければと思います。

9月 20

暑い日にはジュースを

私は午後のおやつタイムによくコーヒーやお茶を淹れて飲むのが習慣なのですが、今日は9月なのに暑く、またお昼にかなりしょっぱいものを食べてしまったということもありとても喉が渇いている状態でした。
会社の近くに手作りジュース屋さんがあったのでそこでジュースを買ってみました。
ジュースにしては300円ぐらいと高めでしたが、美味しかったですね。
ハチミツレモンのジュースでしたが、喉の渇きが癒されて喉も休まった気がしました。
家から持ってきたカステラ一切れも一緒に食べましたが、素朴なカステラに程よいアクセントが付けてくれましたね、このジュースが。
お茶よりは当分もカロリーもあるに決まっていますが、たまにはジュースも良いなと思いました。
一応オーガニックの果物を使っている無添加のジュースのお店なので質はそこそこ良いのだと思います。
水を飲むよりも満足感があります。

今まではカロリーばかりを気にして飲み物ではあまりカロリーや糖分を摂らないように気をつけてきましたが、甘い飲み物って美味しいのですね。
そのことを今日思い出しました。これからはたまにジュースも飲もうと思います。
ジュースを飲むときにはおやつはカロリー控えめのものを選べばなんとか大丈夫だと思います。

9月 13

こどもに見せていたはずのアニメがうっかり…

子供がふにゃふにゃの赤ちゃんだった乳児から幼児というわれる年齢に差し掛かったころ。

たまたまテレビでやっていたアニメ「小さなプリンセスソフィー」を見ました。

子供が「そぴー!そぴー!」と言ってあんまり喜ぶので、放送時間を把握して毎回見せていたところ、お、面白い!!

簡単なあらすじとしては、普通の村だった女の子、ソフィーの母親が国王と再婚し、毎日さまざまな課題をクリアして立派なプリンセスになっていくというもの。

何が凄いってまずその設定。普通の女の子がプリンセスに、というのは分かる。でもその設定が、まずソフィー母子家庭の貧乏暮らししてるし、国王もなぜか父子家庭(子供ふたり)だし。

再婚するにはまったく問題ないけど、国王の奥さんどうしたんだろう…ちなみに、アニメには奥さんについては一言もでてきません。

で、そのソフィア、1話で義理の姉にいじめられます。幼児が見るアニメにしてはしんどすぎるんじゃないか…?と思ったのですが、子供が「このこ、悪い子だね!」と道徳観を学べてるので結果オーライかな、と思ってます。

このソフィーが健気で明るくて、皆に優しい素晴らしい女の子なんですね。髪の毛も茶色いし、日本人からしたらなじみやすいのかも。

というわけで、気付いたら子供そっちのけで私がはまってしまい、子供が天パなのでソフィーの髪型にしてソフィーみたいだね、と私が喜んでる毎日です。