2月 24

トイプードルチップとお台場デート?

今日は愛犬チップについて書きたいと思います♪

チップは2011/11/30生まれの6歳。

世田谷区イチカッコいい、トイプーボーイです?(親バカは否定しません)(規模は少し自重してますw)

特技は二足歩行(数秒だけ…)チャームポイントは短いシッポです。

これはブリーダーさんの趣味で、「シッポは短い方が可愛いから」と生まれたてのときに切ってしまったそうです(´;ω;`)かわいそう…そのままでも可愛かったろうに…

まぁどっちにしろアメリカンドッグみたいでキュートですけどね(親バカ再来)

今日はそんなチップとお台場までお散歩。

ヴィーナスフォートは1階をお犬さまと歩くことができるので、お買い物デート感が楽しめます♪(2階・3階はカートに入れないと駄目など制約があります。ご注意を)

私はニトリで新しい枕を購入。チップにもペットショップで新しいクッションを買ってあげました◎

「HOTDOG」って書いてある、犬が入るとホットドッグの具になるやつですw

一緒に新しいふわふわを堪能しようねチップ\(^o^)/

その後はアクアシティへ。こっちは犬は入場NGのため、海沿いのお散歩に徹します。

晴れると空が青くて綺麗だし、レインボーブリッジがキラキラして素敵なんですよ?!

土日は海が屋形船だらけになってどうしたもんかなと思ったりもしますが…あっでもそれはそれでライトアップされて趣深かったりするんですけど…(どっちやねん)

今日は他のワンちゃんとも仲良くご挨拶できました♪

たくさん歩けて、チップにもご満足いただけたご様子で何より!

良き休日を過ごせました?

2月 18

デパートは楽しく買い物するところだと思ってたのに

母に頼まれてデパートの冬物セールに出かけました。

薄手のセーターで首はオフタートル肩はゆったり丈は短め袖は七分・・・と注文が多い。言い換えれば指示がしっかりしているので探しやすい・・・とも言えます。

ミセス物の売り場をグルグルして探したものの、いろんな要素を満たすのに冬物だから七分袖じゃない・・・と難しい。

ワゴン内のセーターを広げていると、いつのまにか周りは中国からの観光客と思われる人たちでいっぱい。

そのうち試着を希望する人が居たようで、試着室に案内されて行きました。

そうだよね。お金がたくさんあるからって試着しないで買ったりしないかぁなんて思っていたのです。

しばらくしたら何だか騒々しい。中国語?と思ったら日本語どうし(笑)。

売り場の社員さん(パートさんかも)どうしです。

どうもさっきの中国人のお客さんの試着を担当した社員さんと、試着室まで案内した社員さんのようで「試着室で靴を脱ぐように何でちゃんと言っておかなかったのか。土足で上がったから汚れた」と「あなたがその場で言えばいい」というやりあい。

言葉の意味を理解しているかどうかは判らないけれど、雰囲気を察したのか間にはさまれて困った顔をしている中国人のお客さん。

そうかぁ。構図はよく判ったけれど、今ここでやることじゃぁないですよね。

売り場の雰囲気が悪くなります。

あ~ぁせっかくデパートまで来たのに。これ以上探す意欲が無くなってしまった。

母には悪いけれど何も買わずに帰って来てしまいました。

2月 07

考え方を変えれば新しい人生が開ける

結婚してから3年近く経ち、生活や地元の環境、嫁ぎ先の人たちとのコミュニケーション、仕事など様々なことに慣れてきて精神的疲れからくる体調不良が大分減りました。慣れるのに3年もかかる訳?って言われそうだけどこの3年間は環境が変わっては慣れての繰り返しで、同居が始まったのも主な理由だからです。同居が始まってから少ししてからストレスからか自律神経が狂ってしまい病院に通う日々でしたが、それがきっかけで自分の人生に対しての意識が大きく変化しました。

誰のための人生なのか?私は何のために生きているのか?自分に何度も問いかけました。そして気づいたのです。自分がどうしたいかっていうのを基準に考えれば、見え方や選択肢が大きく変わるのではないかと。誰かのためにっていうのももちろん間違っているわけではありませんが、人の顔色を窺ってばかりでは何もできず委縮するだけだと。自分の人生なんだから自分で選べばいいし自分のために行動すればよいと。今になれば当たり前でとてもシンプルなことです。病気になったのはいい事とは言えませんが、それがきっかけとなって新しい考え方のもと生きていけるようにり、仕事もプライベートも心から楽しめるようになったのである意味感謝しています。

1月 31

寒い朝の過ごし方

全国的に最強寒波到来中!という事で、皆さんいかがお過ごしですか?

私の住む大阪では雪こそ降っていないものの、やはり耐えられない寒さ…。毎朝布団からなかなか出られずダラダラ、グダグダしてます。皆さんも同じはず!!(笑)

うちの猫も寒いのか、普段眠る時はキャットタワーの上にいる事が多いのですが、最近は気付いたら私の布団の中で丸くなって眠っているので、この点だけは寒波ありがとう…と多大なる感謝を捧げたいです…。

暖かいのもあるけどいつもはツンツンな子なので、ぴったり寄り添ってくれてるのを見るとやはり胸にキュンとくるものがあります。

湯たんぽ代わりにしか思われてないのは分かってる、けどそれでいい…!それが幸せ…!!

猫がいるのを見つける度寒いのも悪いことばかりじゃないなぁと感じます(*´ー`*)

だけどいつまでもそうやって布団の中にぬくぬくいられないので頑張って這い出る訳ですが、今度は暖房による攻撃が!!(違う)

さっさとお気に入りのちゃんちゃんこを着て、バターをたっぷり塗ったトーストと熱いコーヒーを用意、暖房がよく効く場所でTwitterやらニュースを見ながら…見事にまた長い事動けなくなります。

私って駄目な人間?と思いつつ、どうしても同じ事を繰り返してしまう毎日です(=ω=;)

最低でも2月上旬までは厳冬が続くとテレビで見たので、それまでは恐らくこんな朝を迎えるんだろうと思います。

改善する気はあるの?…と聞かれたらここは潔く!!

無いよ……!(超小声)

朝は余裕がある限り、好きなだけ、自分の思うままゆっくり過ごしたいですね。特に寒いこの季節は!

1月 28

起きれない朝のアラームと母親と

人間以外の動物は、この季節体力を蓄えて次の季節に備えるために「冬眠」をします。

そして、雪が溶けて花が咲く暖かい春がやってきたなら目を覚まし、新しい生活を繰り広げるものです。

さて、冒頭では「人間以外の動物は」と書きましたが、人間はこの季節どうなるのでしょう。

これはあくまで個人の話で、私の実録なのですが、私の場合、冬眠してしまうかのように冬の朝は起きれなくなってしまいます。

アラーム?聞こえません。早く寝たら?寝ています。

もうどうしたって、何をしたって、眠くて眠くて仕方がない。起きないとって思っても起きれない。

いっそのことこのまま冬眠!と、毎朝思っては溜息をつく毎日です。

でもこれは、うちの家庭の中では私だけではないようです。

なんと、母親も朝起きれないとのこと。

やはり親子ですよね。寝坊して慌てて用意をする日々だそうです。

ですがある日から、母親の朝が変わりました。

なんと、母は朝のまだ寒い部屋の中でまどろむ私を起こしに来るようになったのです。

えっ、昨日まで起きれないねってあれほど散々話していたのに!と、少しの裏切られた気持ちと、驚愕とで母に尋ねます。

すると、母は言いました。

「アラームに頼るんじゃなくて、自分がアラームになればいいの」と。

はじめは何を言ってるんだろう?と首を傾げてしまいましたが、要はこういうことらしいです。

「朝起きたら歌を歌って、自分の脳と体を目覚めさせるのよ」

ちなみに母は、アナ雪の「let it go」をうたっているそう。

なんでもできるという前向きな歌詞、少しも寒くないという部分を自己洗脳のように言い聞かせることで、パッと目がさめる…らしいです。

私も明日からやってみようかなあ。

1月 21

知り合い妊婦さんの臨月

同じバス停から子供を幼稚園バスに乗せて行くひとりのママさんは、二人目のお子さんを妊娠しています。

そして、遂に臨月となりました。

いつ産まれてもいい時期になったからタクシーに破水しても乗せてもらえるか確認したり、周りの人たちに協力をお願いしているそうです。

しかし、意外と冷たいタクシー会社ばかりで破水したら救急車呼べるから、とか破水してても汚さないなら良いですよ、とか言われるそうです。

妊婦さんの苦しい時に、汚さないならとか言われてもどうなるか分かりませんよね。

まあもちろん、タクシーも商売道具を汚されたら困るのは分かってますけど。

いつ陣痛が始まるのか、破水から始まってしまわないかどうかと不安もある妊婦さんに、あまり優しくないなあと感じてしまいました。

私の場合、徒歩で10分くらいの場所に産婦人科があったし、ちょうど陣痛の始まりに旦那がいたので車で送ってもらえたけど、運が良かったのだと思いました。

無事に出産を終えるまで、いつ来るのかと楽しみでもありヒヤヒヤする気持ちもある妊婦さん。

彼女にとってタイミング良く、赤ちゃんの生まれる準備が出来ると良いなあと私も願っています。

出産てただでさえ色々緊張しますから、安産をただ祈るばかりです。

1月 11

四季

暑いお天道様が続いていましたが、しばしするとこういう暑さは消え去り、肌寒さを感じるシーズンがやってきます。
こういう、シーズンの変わり目は暑かったり寒かったりと毎日の中での寒暖差がすっごく、さらにその日の気象や、院内、屋外とで温度が広く変化します。そのため、気持ちいい着こなしを通じて出かければ寒く感じますし、優しい着こなしを通じていくと暑い、ということが多いです。

多くのお天道様は昼間が暑く夜中が寒いので、最近は朝に身軽な着こなしで出掛け、夜中や気象が変わったら備えてジャケットを持ち歩く衣装が愛する。
これなら寒く感じたらジャケットを羽織、使わない時折バッグにしまっておくこともできます。少し積荷にはなるが寒さや暑さを根気しなくて済むのはさわやかものです。

これから寒くなっていくのかな、というと今の暑さに名残惜しさを感じたりもしますがそれよりもこれからの寒さに備えなくては、という心境があります。

衣替えは夏服を仕舞うのと冬場ウエアを押し出すのを同時にしてしまうと、ちょっとこういうポイントは早かったかも、に関してや、逆にもっと早くしておけばよかったということもあります。
なんなことにならないよう、自分は冬場ウエアを鳴らすのと夏服をしまうのは別のタイミングで行なっています。まず、冬場ウエアを出してしまいその日の日和や気象によって羽織るウエアを選び、一月限り夏服を気持ち無くなったらしまう。
最近、寒くなったと思ったら突然暑くなることがあるので、余裕を持って一月としていらっしゃる。
寒さや暑さは根気しすぎるとカラダに影響が出てしまうので、できる限り無理をしないでいたいですね。

1月 05

見切り品3品購入で粗品を貰いました

今日は最近近場に出来た大きなスーパーへ食品の買い出しに行ってきました。
買う物をメモして行ったので短時間で買い物が終わるはずが、地元の他のスーパーと比べると品揃えが豊富なので他の物にも目がいってしまい、結局買う予定ではなかった物を色々買ってしまいました。

短時間で帰宅する予定が帰宅後時計を見るとビックリ!予定よりかなり長く買い物をしていました。買った物も予定の倍以上、買い物に要した時間も倍以上だったので買う物をメモして行った意味がないですよね。
品揃えが豊富で色々見ていて時間がかかったのも原因の一つですが、一番の原因は見切り品コーナーを物色していたからです。

そこのスーパーは、賞味期限が当日又は翌日の物を割引きして置いているコーナーがあります。
廃棄撲滅キャンペーンと言うのをしているスーパーで、その見切り品コーナーで3品購入すると粗品が貰えます。粗品は安価な物ですが、ついつい粗品欲しさに見切り品コーナーに入り浸ってしまいました。
見切り品でも納得のいかない価格の物が多く諦めようとしたけど、娘がアンパンマンのクリームパンが欲しいと言うので、それならあと2品選んで粗品を貰うことにしました。
見切り品で割引きしてあってもまだまだ高く感じる物が多く、賞味期限の問題もあるので選ぶのに時間がかかります。

そのコーナーで1品だけ購入するのはなんだか勿体ない感じがして、ついつい必要ではない物を買ってしまいました。
娘のアンパンマンのクリームパン、ベビーシュークリーム2パック入り、屋台風太麺焼きそばを選び粗品を貰いました。娘はクリームが好きではなく、やっぱり1個食べて終了でした。
ベビーシューも1個食べて終了で、あとは全部もう既に私のお腹の中です。余計な物を色々と買ってしまったけれど、楽しい買い物でした。

1月 02

洋服の宅配レンタルをやってみた

物価上昇の割に給料は上昇せず、毎日着る服に悩みます。服も毎年毎シーズン同じタートルネックのニットだとしても決して同じではないので、毎度買っては次のシーズンに捨てては数年後似たようなのが復活してアレ捨てなければ良かったなぁというサイクルで嫌になってきました。

それで今話題の「洋服宅配レンタルサービス」を利用して先日2回目の洋服が届きましたが、既に辞めたくなっています。

インターネットで見る限りはオシャレな洋服が多そうなサービスを選んだはずなのに、「こんな服自分では買わない」に「悪い意味で」が抜けているのではないかとさえ思う程酷いのです。2回目はパジャマかと思うような色柄の服と、着古してボソボソのスカートが来ました。買取価格はいづれも一万円前後のものですが、本当にその値段なのか疑わしいです。

もしかしたら満足している方もきっといらっしゃると思います。ですが、2回目の洋服がガッカリで思った事は「例えユニクロだったとしても自分で選んだ服の方が満足度は高い。

仮に似合ってないかも知れなくても、着ていて気分が良くない服を着るのが仕事という訳ではないのだから、自分が満足いく服を選んで買おう」と決心しました。2回目以降が良いらしいですが、どうなのでしょう。

12月 25

3周囲性別行渡り、まさかの3姉妹に

最近16週間目線の妊婦検診があり、もしかしたら性別が聞き取れるかなーと要求し、産婦人科へ。
1周り、両者目線が男児なので間近も全て「次は女の子がいいね!」と要求?され、私も性別はともいいけどできれば女の子がいいかなー。なんて思っていました。
いざエコーを見る前にドクターが「女の子が目途だよねー。それでももしエコーで見た瞬間、ちんちんついていても取れないからあきらめてね(笑)」なんて言われながらいざエコーへ。
「あらーここになんかついてるみたいだよー」とおまたの辺りを指差し教えてくれ、私も確認してみると確かについていました。
期待していた女の子ではなかったものの、男児なら3姉妹仲良く遊べるし、おさがりも出来るし一石二鳥だなと憧れ、夫に性別を伝えるために電話を。
あたし以上に女の子を期待し、女の子なら自分に懐いてくれる!(上の子供両者は女性っこであたしにべったりです。)と信じていたので、女の子ならなーと期待していましたが、
男児だとゆう事を述べると少しがっかりしていましたが、男児3姉妹すごくなったら一緒にキャッチボールしよだの一緒に飲みたいだのなんだかんだ楽しそうです。
親にも男児だとゆう事を当たると「またにぎやかになるねー!短く見たい!」と今から起源を心待ちにしてくれてある。
女の子であれ男児であれみんなが起源を心待ちにしてくれているので今から分娩が楽しみです。